blog

2015/09/05 13:53

かわいい本物のガジュマルです。 
アンティーク調のモスポット鉢・皿付き。

風水で人気急上昇のガジュマルの木。

ガジュマルを置くと良運が引き寄せられるといいます。 
そのため多幸の木と呼ばれるガジュマルは風水で用いられるのです。

その個性的な姿かたちは、ひとつひとつまったく違い、 
自分だけのガジュマルとして愛着がわいてきます。


そのパワーは生命力が強くエネルギーに満ち溢れています。 
風水ではガジュマルを置くことで運気を引き込んだり、金運アップにつながり幸せを呼び込む観葉植物の中でも効果がバツグンと言われるほど人気が高くなっています。

「西、東北東、北」に置くと金運アップ!!

「南」に置くと厄除け!!

風水とガジュマルについてこのページで詳しく書かれていますので参照。
http://spiritualism-japan.com/gajma7/

太い幹と緑の光沢がある葉っぱが特徴的なクワ科の植物です。 
「がじゅまる」は沖縄の地方名ですが、昔から精霊が宿るといわれています。 
ガジュマルはとても丈夫で育てやすい植物の一つですので 
観葉植物入門編には最適だと思いますよ。

窓際や玄関などに置いてもおしゃれです。


『モスポット鉢とは』 
雑誌やインテリアショップなどでも取り扱われ、一躍人気となったモスポットです。ラフでナチュラルな造りに愛着が湧く、お花や植物もよりかわいく見えるアンティークスタイルが素敵です。 
モス=苔 ポット=鉢 実は数十年以上前からある育苗用の鉢で、一番の特徴は麻袋を型にしていること。なので表面には麻の跡があり、形も不揃い。欠けや歪みがあるのもオンリーワンのラフでジャンクなテイストで魅力です。表面にモス(苔)の種子を練りこませているので、水やりをしているうちに自然に表面が緑がかったアンティークの風合いになる鉢です。 

ガジュマルの育て方

・日光を好む植物 
・春から秋にかけては水をたっぷり 
・冬は室内で管理 
・冬の水のやりすぎは、根腐れの原因 
・肥料はあまり必要ない

2個、3個写っている写真もありますが、1個づつの販売です。 
本物の植物ですので根っこの形や葉のつき方など写真の物とは異なります。